正直申し上げると、、、

実は、身体の硬い方の気持ちが分かりませんでした。

もうちょっと正確に申し上げますと、

関節が硬い感覚が分からなかったのです。

レッスンでお会いする方々にはよくお話ししてます。

物心つく頃から感じられる関節はだいたい柔らかいので

開脚ができないとか背中で手がつかないとか

そういった切なさが分からすでした。

なので、どんな感覚で何が引っかかる感じがして、それをどうしたいのかを

皆さまに教えて頂きながら

解決策を探すために自分の身体で実験したりしています(๑・̑◡・̑๑)

だけれど、そう、最近はというと

動きの鈍い関節が出てきたり

身体の調整を自分で出来なくなってきたりで

やっと皆さまのお悩みを実体験しているところでございます

そして逆に力を抜く事の大事さもここ数年実感していて

レッスン中にはよくお伝えしています。

ビンヤサの時はしっかり引き締めるとこと楽にするところ、

リラックスの時は力を抜くこと自体意識をして頂いたり

このくらいを目指して、、、笑

そう、正直お伝えしますと、

今目指しているのはこのくらい力まずに過ごすこと

ゆとりとすき間と柔軟性は

まずは力を抜くことかなと思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です