感情や欲のコントロールとは、、

人の気持ちや感情は流動的で気分的で変化していくものです。

心は移ろいやすく流されやすく揺らいだりもろく弱かったり。

それらはその人の本質ではないところに存在すると言われています。



例えば、大地が本来の自分だったとすると、その上にある道や建物や公園や お店が心という変化しやすいものたちです。

それらは出来上がった時はピカピカキラキラきれいで、わ〜っと心踊ったりしますが時が経つと汚れたり壊れたり変化があり手入れが必要になってきますね。

心とはそんなような感じのものです。

その変化の中に浸かっていると焦りや執着や欲が生まれてくるって具合です。

ですので常に自分は揺るぎない大地でその上にあるものはあくまでも流動的で変わってくもので、それは自分自身とは違う次元で動いてるものだと知ることが感情や欲のコントロールに繋がるということです。


流されたり感情のままってとても楽で楽しいのでそこにいたい気持ちになりますが、それが一時的で流動的だと分かると自身の本質にちゃんと戻れます。

不安は減って安定して欲や執着もそのうち薄れてくるのです。


ということをヨーガは教えてくれます。


ちゃんと戻れれば余計楽しめるかもしれませんね。

すぐじゃないけど、暫くヨーガを続けるとちゃんとわかってきます。

そして感情のコントロールには瞑想がベストと言われてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA