アサナは本当は快適です

私たちがよく行うヨーガは、身体を動かすアサナです。

ヨガのポーズ、という風に言われていますがちょっと意味合いが違っていて、アサナとは呼吸と身体と精神が一体化して調和した状態です。

そしてアサナの定義は、快適でなければならない、です。

もしトレーニングのように追い込んでガツガツしたアサナの練習をして苦しかったらそれはヨーガとは違うものになってしまっていますのでそういう時は練習の仕方を見直してみるといいと思います。

毎日頑張り過ぎてたら1日練習休むとか、ね。

呼吸に身体を合わせる練習です。やり方はそう難しくはないです。

身体に偏ってる意識を呼吸に移してく、切り替えをしてく、そういう具合です。

最初は意味がわからないかもしてません、繰り返すうちにある時スッと抜けて、あ!これか!という風にわかる時がきます。

そうなると脳ミソもスッと風通しが良くなるような感覚になります。

とても心地よいのでめげずに練習をしてみてください。

そして、アサナは筋肉より骨格が調整されます。

なので骨や関節を意識したりイメージしながら行うと動きも良くなり余分は筋肉もつきにくいです。

呼吸に身体を合わせる、を体感できれば骨格の感覚も感じれると思います。

呼吸が後回しになると特に肋骨が痛くなってくるので練習後ちょっとなんか痛いなと思ったら呼吸と身体の調和を見直してくださいね。

調和を感じたら、とても心地よいシャバーサナがまっています(^ー^)/

ヨーガの全ては日々の練習で習得できることなので1、2回でできないって問題ではないです。

暫く練習続けるとちゃんと何かおこります。

真面目すぎないくらいで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA