感情や欲のコントロールとは、、

人の気持ちや感情は流動的で気分的で変化していくものです。

心は移ろいやすく流されやすく揺らいだりもろく弱かったり。

それらはその人の本質ではないところに存在すると言われています。



例えば、大地が本来の自分だったとすると、その上にある道や建物や公園や お店が心という変化しやすいものたちです。

それらは出来上がった時はピカピカキラキラきれいで、わ〜っと心踊ったりしますが時が経つと汚れたり壊れたり変化があり手入れが必要になってきますね。

心とはそんなような感じのものです。

その変化の中に浸かっていると焦りや執着や欲が生まれてくるって具合です。

ですので常に自分は揺るぎない大地でその上にあるものはあくまでも流動的で変わってくもので、それは自分自身とは違う次元で動いてるものだと知ることが感情や欲のコントロールに繋がるということです。


流されたり感情のままってとても楽で楽しいのでそこにいたい気持ちになりますが、それが一時的で流動的だと分かると自身の本質にちゃんと戻れます。

不安は減って安定して欲や執着もそのうち薄れてくるのです。


ということをヨーガは教えてくれます。


ちゃんと戻れれば余計楽しめるかもしれませんね。

すぐじゃないけど、暫くヨーガを続けるとちゃんとわかってきます。

そして感情のコントロールには瞑想がベストと言われてます。

はじめてヨーガのアサナをされる方へ

ヨーガは生活です。

お風呂、食事、トイレ、睡眠など生活そのものと言っていいくらい。

人と比べたりやステータスのためのものではありません。

初めてレッスンに参加される方がよくおっしゃる言葉があります。

「ぜんぜん出来なくて申し訳ない」と。

きれいに見せようとしているのでしょうか?

私と同じにしないといけないと思っているのでしょうか?

できるはずのご自分ができないと思うことに悲しんでいるのでしょうか?

どれも気にすることはありません。

私自身もまだまだ途上です。

日によって調子も違うし季節や気候によっても感覚が変わります。

そして他者に披露するものではないのでご自身が心地よくアサナができてればればそれでいいのです。



初めてのことって少なからず緊張あると思います。

どんなことをするのか? 何を言っているのか?

これだけでも意識は外に向き、どれだけその通りにできるのかキッチリ皆と同じようにできるのか、など、頑張ったり無理したりしてしまいます。

特にアサナは形を気にしてしまいがちですし他者と比べてしまいがちです。

ですがヨーガはどれだけご自身の内側に意識を向けていけるか、あちこちいっていまう感情や精神を静かに観察できるか、大事なのはそこのとこです。

アサナは身体を使いますが、身体で感じたことやそれを心でどう感じているのかを常に内観してくものです。

練習を続けていくと内へ意識が移る感覚やそれによってアサナが楽になる感 じも少しずつつかめるようになりますので焦らず急がず気長にレッスンにいらしてください。



大丈夫です、私も下手っぴなアサナいくつもあります(^ー^)b

再び、陰ヨガのススメ

せかせかしてませんか?

バタバタしてませんか?

ふわふわしてませんか?

そわそわしてませんか?

イライラしてませんか?

キリキリしてませんか?

プリプリしてませんか?

カッカしてませんか?

ガツガツしてませんか?

ぶわっと上がったエネルギーは陰ヨガでおとせます。

アサナしながら静かに深く呼吸をする、それだけ。

一息つきたい時、心身定期的にリリースしたい時、脳みそがいっぱいで欲まみれの時、

陰ヨガはとてもよいです。

色々なヨガを学んで改めて今そう感じます。

ご予約お問い合わせ yogastudiouca@gmail.com